にっぽんA級グルメのまち連合設立趣意


今日、都会には全国各地の特産品が集まり、 手に入らないものはないのかもしれない。
一方、地域には何でもあるわけではないかもしれないが、
その土地の気候風土、歴史、 文化に根ざし、その時期、その場所でしか体験できない味がある。

本当に美味しいものは地域にあって、その美味しさを本当に知っているのは地域に暮らす人びとで、
彼らが誇りをもってつくる食はA級と呼ぶべきではないだろうか。
そして、それは永久に残していくべきではないだろうか。

そのためには、地域の一人ひとりが、自らの地域の豊かな自然と
その恵みである食を将来にわたって守っていくとともに、
生産の現場から、加工し、料理し、提供する人々がつながり、
ともに支え合う輪を広げていかなければならない。

さらに、生産者の顔や想いが見える食を提供し、
その食をきっかけに地域に人を呼び込み、地域の人びととの交流へとつなげることで、
地域を訪れた方に感動を提供することができるだろう。

また、それにより、自らの地域への誇りが深まり、
ひいては地域の食や農林漁業、自然環 境、歴史、文化を
次世代へ継承していくことにつながると考える。

これまで、私たちは、 それぞれの地域で食に着目したまちづくりに取り組んできた。
今後、その取り組みを加速し、地域の活性化につなげていくためには、
互いに知見を共有し、持てる力を結集し、補い合い、磨き合うことが重要である。

私たちは、このような趣旨から、地域ならではの食を守り、
それを通して地域に人を呼び込み、 地域の誇りにつなげるまちづくりに取り組む
「にっぽんA級(永久)グルメのまち連合」を設立する。

そして、今後、この取り組みを地域住民とともに進めるとともに、
全国に発信し、輪を広げていくことが、地域の新たな価値の創出につながると確信する。

目的
Purpose

  1. 地域の一人ひとりが、自らの地域の豊かな自然とその恵みである食材を将来にわたって守っていくこと
  2. 生産の現場から、加工し、料理し、提供する人々が繋がり、ともに支え合う輪を広げること
  3. 生産者の顔や想いが見える食を提供し、その食をきっかけに地域に人を呼び込み、
    地域の人々との交流へとつなげることで、訪れた方に感動を提供すること

組織の活動
Organization activity

  1. 食に関わる人材の募集、育成
    農林水産業や飲食店でA級グルメの実現に取り組む人材を共同で募集する。
    また、相互に人材を交流させることにより、より広い視野を持った人材を育成する。
  2. A級グルメの理念を広げるための情報発信、広報活動
    マスコミ関係者のネットワークを活用し、全国にA級グルメの理念を発信することで、
    「A級(永久)グルメのまち」のブランド価値を高め、加盟市町村の知名度向上につなげる。
    また、ホームページを作成し、情報発信を行う。
  3. 毎年の定期総会や研究会を持ち回りで開催し、相互の経験や研究を共有し、共に学ぶ場を提供する
    また、首都園をはじめとした都市部でのイベントを開催する。
にっぽんA級グルメのまち連合マップ