福井県小浜市の「鯖へしこなれずし」販売開始【限定30本】

古来より朝廷や京の食文化を支えた「若狭もの」で名高い福井県小浜市。その中でも小さな地域にわずかに残る伝統食「鯖へしこなれずし」があります。食の世界遺産「味の箱舟」にも認定された逸品です。

福井県の特産品である「鯖のへしこ」は、天然の鯖を塩漬け、ぬか漬けし、1年以上の発酵・熟成を経ておいしく仕上げる江戸時代より続く発酵食品ですが、この「鯖へしこ」をさらに塩抜きし、ごはんと麹をつめて2週間発酵させ「なれずし」にしたものが 「鯖へしこなれずし」です。 福井県小浜市の田烏(たがらす)集落と周辺の狭い地域のみに伝わる希少な発酵食品です。

このたび、 限定30本で販売いたします。【ご注文は11月末まで。12月初旬より発送】