地域おこし協力隊の募集【島根県西ノ島町】

隠岐諸島で2番目に大きな町

西ノ島は、島根半島の北40~80kmの日本海に浮かぶ4つの有人離島と大小180余りの無人島からなる島々です。隠岐諸島は西ノ島・中ノ島・知夫里島の3島で形成される島前と1番大きな島後からなり、2番目に大きな島が西ノ島です。

西ノ島の面積は約56平方キロメートル、島の形状は細長く湾曲した形で平地が少なく、外海側は日本海の厳しい風浪により形成された断崖絶壁や、巨大な岩の架け橋の通天橋など大自然が創り出した雄大な景色を堪能することができる、隠岐を代表する景勝地となっています。

西ノ島の人口は、離島という四方を海で囲まれた閉鎖的で地理的不利な環境などにより、昭和25年の約7,500人から減少の一途を辿り、現在では、その半数以下となる約3,000人となっています。

本土と隠岐を結ぶ航路は高速船と3隻のフェリーが就航しています。西ノ島と本土とを結ぶ交通手段は、海路だけであり、所要時間は、高速船で1時間、フェリーで2時間30分程度要します。

暮らしを彩り 人の集う島へ

美しい自然がもたらす雄大な景観、食べ物、文化。離島で小さい島だからこそ、お互いの顔が見える安心感。やることは違うけれども、西ノ島を良くするために頑張るたくさんの人びと。

西ノ島では人口は減少傾向にあり、進学・就職を理由とした若者世代の流出が続いています。このまま推移すれば、2060年には1,000人にまで減少すると予想されています。

その一方で、音楽、スポーツ、食など、島の自然資源を活かした様々なまちづくりの取り組みは増加の兆しを見せています。これらは、このまちでしか体験できないコンテンツとして、島外の人の関心を惹きつけるとともに、新しい仲間との出会いや人とのつながりを構築するきっかけとなっています。

町内外の交流活性化と島暮らしの多彩化をもたらすこれらの取組を、今後は仕事にもつなげていくことで、多様な働く場の創造、暮らす楽しみの多様化、交流人口の拡大、定住者の増加といった良い環境が生まれ、「人の集う島」の実現に近づくと考えます。

島根県西ノ島町
チャレンジできる島

隠岐の歴史は大変古く、後鳥羽上皇や後醍醐天皇など、罪人とはいえ皇族や貴族が流された島として知られており、西ノ島の黒木御所には後醍醐天皇の御在所後があります。

近世まで一貫して流刑の島として遠流刑に処せられた人々は数知れず、その中には中央の史上に顕われる知名度の高い名士や高官もあって、土地の文化や一般庶民の生活、風俗に及ぼした影響は大なるものがあったと思われます。また、北前船の風待港として栄え、上方文化の影響を直接受けるなど、流人の島としては文化的に比較的恵まれた環境にあったと言われています。

こうした歴史的背景も影響してか、西ノ島には寛容な気質、周囲のチャレンジを応援する姿勢・特質があるので、さまざまなヒトが活動しやすく定住しやすい環境にあります。

地域おこし協力隊卒業生
	2019年4月 起業 ラッセル ステファン ラッセル 早紀 夫妻

2019年4月起業 ラッセル ステファン ラッセル 早紀 夫妻

●フランス在住中、インターネットで日本での仕事を探していた際、「観光」「海辺」のキーワードで西ノ島の地域おこし協力隊の募集に出会う。
●着任前は、よそ者を受け入れてくれるか心配していたが、寛容な気質に触れ感動。
●着任中は、Iターン者に対して冷たい感じは殆ど無く、人付き合いの輪が広がった。
●任期後のビジョンが明確であったので、定住に繋がった。また、目標や目的を持っていたので、周りの人が応援してくれた。
●2019年4月、移動キッチンカーによるPizza販売開始。

移動キッチンカーによるPizza販売開始

アドバイス

●西ノ島の人口は少ないが、業種によってはライバルも少ない。アイデア次第では、事業として形にすることはそう難しくない。
●住んでみないとわからないことはたくさんあります。まずは視察を兼ねて数日滞在。
●フィーリングが合えば、それが協力隊に応募する答え。

A級グルメの島

西ノ島町では、島で食されている郷土料理(郷土食)、地域の方々と連携して、後世への伝承、郷土料理(郷土食)の活用・商品化を目指しています。

素晴らしい食材と食文化、景勝地を保有する、西ノ島 =「A級グルメの島」

西ノ島では、地域おこし協力隊の制度を活用し、「食」を軸にした『島シェフ』を募集しています。
「食」に携わる人材『島シェフ』の確保・育成に向け、 起業の仕組みづくりを構築し、人材確保、人材の育成を目指しています。

素晴らしい食材と食文化のある西ノ島でプロの指導を受けながら、料理のことだけでなく、経営や店舗運営、食材のことまでを学び、将来の独立を目指します。
また、「A級グルメ連合」参画自治体において、相互に研修・技術習得を目的とした、人材交流を進めていきます。

西ノ島では、『島シェフ』以外に、多様な働く場所・活躍できる場所があります。
また、この島に暮らすための日々の生活に彩りと、豊かさをもたらしてくれる機会があります。

最後に

都会で過ごす人たちは「離島」といえば、生活環境において何かマイナスのイメージを抱かれる方も多いと思います。しかし、生活環境は島内で最低限のモノは揃います。

皆さんが西ノ島で理想とする暮らしや生き甲斐を発見し、皆さんが持っている才能や能力など、活かして西ノ島が活性化する機動力になってください!

西ノ島町 地域おこし協力隊 募集ページ(外部リンク)

西ノ島町「地域おこし協力隊」の募集について

地域おこし協力隊お問合せはフォームかお電話にて





北海道鹿部町福井県小浜市島根県西ノ島町島根県邑南町宮崎県都農町

北海道鹿部町
島根県邑南町
福井県小浜市
宮崎県都農町