地域おこし協力隊の募集【島根県邑南町】

少子高齢化の進む町

邑南町は島根県中南部にある中山間地域、広島県との県境にあり、JR広島駅、広島空港から車で1時間半~2時間ほどで行くことができる人口1万人弱の町です。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

山間にある自然と人の営みが美しい町は、古代よりたたら製鉄が盛んな町で、多くの人と牛馬がいたことから様々な農畜産物が栽培され、美しい里山風景、食文化や伝統文化が育まれてきました。

しかし、たたら製鉄が終焉を迎え、移動手段が車となった現代では、他の山間部と同じように人口減少、少子高齢化、過疎化が進み、平成16年の「平成の大合併」で、羽須美村、瑞穂町、石見町の3町村が合併して邑南町として発足するも当時はよくある「少子高齢化の進む町」でした。

「過疎最先端」からの挑戦

今では一般的な単語となった「過疎」という言葉は、島根県が発祥地です。
しかも、驚くなかれ、今から50年以上も前(昭和40年代)に生まれたものです・・。

日本一の過疎の島根県の中でもさらに田舎と認識されている邑南町は、「過疎最先端の町」といっても過言ではありません。良いようにとらえると今、日本で大きな問題になっている過疎について、50年以上も前から対策をしていた先進地とも言えます。

地域に暮らす諸先輩方が様々な過疎化対策をしてこられて今の邑南町がありますが、平成23年に新たなムーブメントが始まりました。
それが町の推進していたA級グルメ構想と国の「地域おこし協力隊」の制度を活用した「耕すシェフ」制度の導入です。
A級グルメを軸とした農業と料理人の育成制度の導入によって、全国から若者たちが邑南町へやってくるようになり、平成25~27年は3年連続社会増を達成しました。

邑南町耕すシェフ
食、農、経営を学び起業を目指す

「耕すシェフ」とは「食」や「農」に関心のある都市部に住んでいる人に、
将来、その道のプロになる支援をし、邑南町での起業を目指してもらうものです。

食の道に進み、自分の店をもって起業する人間は、何%でしょうか。そして、独立する時は何歳になっているでしょう?念願の飲食店をオープンしても1年以内に3割が閉店・廃業し、2年以内に半数に、3年以内に約7割、10年後には9割が閉店・廃業し、成功率は約1割といわれています。

平成23年以降、邑南町の耕すシェフ研修制度を行ってから、人口1万人弱の町に14の新規店舗が町内にOPENしました。ちなみに令和元年の現在、閉店した店舗は1つもありません。

耕すシェフ研修制度では、現場研修以外にも、専門の方から高度な調理技術を学ぶ場「食の学校」での研修や地元の金融機関・商工会・行政がタイアップして、起業希望者のため、無料で受けられる「実践起業塾」を開催しています。
また、金融機関や商工会指導員のアドバイスを受けながら、事業計画を立て、プレゼンが認められれば、無担保、無保証、借入限度額1,000万円、金利2%以内という好条件で金融機関から融資が受けられます。

この研修と起業に向けたバックアップによって研修生の起業を実現しました。

Profile image
「ふくのや」
起業/2017年1月
夫婦で耕すシェフ研修制度を利用し2015年に邑南町にIターン。研修中にそばの奥深さに魅せられ、そばの道へ。地域の支援もあり2017年1月に手打ちそばの店舗を開店(0円起業!)。そば屋を柱に新たな事業も展開中。移住後2人の子宝にも恵まれ、仕事も家庭も充実!

Profile image
「てらだのパン」
来町:2016年4月/起業:2017年10月
兵庫県からIターン。来町以前にパン屋とケーキ屋で修行していたこともあり、地域のサポートを受けて地域待望のパン屋を開店。「空き店舗を有効活用したい」「焼き立てのパンが食べたい」との声から地域の方々が出資してパン屋を開店しました。
顔の見える町。まちぐるみの起業支援

起業は、経営者だけの孤独な戦いでしょうか。
商売は、競合ひしめく中でしのぎを削り合う戦いでしょうか。

少なくとも、邑南町では違います。

邑南町には、公民館単位で12の地域がありますが、その中の一つの地域に住んでいる方々が合同会社を設立し、出資金で空き家を改修し、「耕すシェフ」の卒業生を店主として迎える「0円起業のお店」までが誕生しました。まさに地縁を基盤にした「リアル&ローカルクラウドファンディング」です。

てらだのパン
てらだのパン

地域の人々が新たな特産品として育てているソバの実を活用した10割そばを食べられるお店を開業しました。現在、この地域では、在来種のソバの実を育てる活動が広まり、邑南そば街道推進協議会を中心に「邑南そば」を目玉とした特産そば作りに邁進しています。地域と起業者が相互協力し、互いに成長することでお店や地域へと還元できる循環型経済を進めています。

邑南町は一人ひとりの生き方や人間関係への誇りがまちづくりを支える”あり方”を大事にしています。

邑南町の耕すシェフ研修制度は、飲食業、農業未経験者の方でも安心して研修を受けるシステムです。自らのフィールドを地域に移して活躍したい方、地域での起業・就業がしたい方、是非、邑南町に!

邑南町のA級グルメ、耕すシェフ研修に関するその他の記事はこちら(外部リンク)

膨らまないパン屋と広島カープ
「ブランドよりプライド」山あいの町に高級イタリアンレストランができた理由
応援するのは、自分たちのことが好きだからビレッジプライドが人とお金を動かした
NHKプロフェッショナル 仕事の流儀「答えは、地域にある (地方公務員 寺本英仁)」

地域おこし協力隊お問合せはフォームかお電話にて





北海道鹿部町福井県小浜市島根県西ノ島町島根県邑南町宮崎県都農町

島根県西ノ島町
北海道鹿部町
福井県小浜市
宮崎県都農町